ノーボーダー・スポーツ/記事サムネイル

「星野恭子のパラスポーツ・ピックアップ」(477) 視覚障害者柔道の国際大会が東京で開催。瀬戸勇次郎の金など日本勢メダル5個獲得 

12月4日から5日にかけて、「IBSA柔道グランプリ大会 東京2023」が東京体育館(東京・渋谷区)で行われました。パリパラリンピック出場につながるランキングポイント獲得対象大会でもあり、43の国・地域から男女合わせ188選手がエントリーし、熱戦が展開されました。

日本からは14選手(男女各7)が出場し、男子73kg級J2クラス(弱視)の瀬戸勇次郎選手(九星飲料工業)が優勝を飾ったほか、銀メダル1名、銅メダル3名とパリパラ出場に向けて大きな一歩を刻みました。

男子73㎏級J2を制した瀬戸勇次郎選手(上) (撮影:吉村もと)

瀬戸選手は東京パラリンピックでは男子66kg級で銅メダルを獲得しましたが、同大会後に体重階級の統廃合とクラス分けに関し大きなルール変更があり、60kg級か73kg級への転向を余儀なくされ、73kg級を選びました。しかし、すぐに体重は増えず、また新73kg級には81kg級から下げてきた選手もいて、相手のパワーに苦戦する試合が続いていました。そこで今年8月の国際大会後から約2カ月、大会出場を控えてフィジカル強化に務めた成果が今大会に表れたそうです。

「最近、国際大会で結果が出ていない状態が続いたので、優勝できて率直に嬉しい。(背負い投げなど)自分の強みをしっかり生かせた。東京パラ以降、悪い風が吹いていたので、ここをきっかけにひっくり返していきたい」

パリパラへのポイント対象大会はこの先、来年2月のドイツ、4月のトルコ、5月のジョージアとグランプリ大会が3つ続き、6月24日のパラリンピックランキングの結果により、該当選手の国・地域に出場枠が与えられます。例えば瀬戸選手のクラスでは7位以内に設定されています。

今回の金メダルでポイントを上積みできた瀬戸選手ですが、「あと3つ(の大会)でも結果を残し、パリパラで金メダルがしっかり獲れるように一生懸命がんばりたい」と力強くコメントしました。