ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

民主党の大統領候補者選び始まる

4人による混戦となっています。 アメリカの大統領選挙で、 野党・民主党の候補者選びの始まりとなる、アイオワ州党員集会が日本時間のきょう午前、始まりました。 穏健派のバイデン前副大統領(77)や、左派のサンダース上院議員(78)ら 4人が激しい争いを繰り広げています。 世論調査によりますと、サンダース氏が、バイデン氏を引き離しています。アイオワ州の結果は、きょうにも判明しますが、ニューハンプシャー州の予備選とともに、候補選びに大きな影響を与えるとみられています。 候補者選びは今後、14の州で予備選が集中的に行われる3月3日のスーパーチューズデーを経て、6月まで続きます。 一方、共和党もアイオワ州で党員集会を開き、複数の候補者が争いましたが、 事実上、トランプ大統領の信任投票となりました。

Category

  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。