ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

自衛隊「調査・研究」派遣、先例とならず

久々の質問に議場がわきました。 安倍晋三(あべしんぞう)総理大臣は、 きのうの参議院予算委員会で、 「調査・研究」を目的とした自衛隊の 中東派遣について 「一般化することは毛頭ありえない」 と答弁しました。 公明党の山本香苗(やまもと・かなえ)議員が 「今回の派遣は世界中、 どこでもいつでも海外派遣できる 先例(せんれい)にはならないか」と質問したのに 答えたものです。 また、日本維新(にっぽんいしん)の会の鈴木宗男(すずき・むねお)議員が、 北方領土(ほっぽうりょうど)をめぐる日ロ交渉にかける 決意と覚悟をきいたのに対し、 安倍総理は 「自分たちの世代で解決したいと 固く決意している」と答えました。 鈴木議員は、あっせん収賄罪で2010年に 実刑が確定し、 衆議院議員を失職しましたが、 昨年の参議院選挙で国政に復帰しました。 鈴木議員の予算委員会での質問は

Category

  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。