ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

米大統領 イスラエル寄りの中東和平案

国際社会の理解は得られていません。 アメリカのトランプ大統領は28日、 テロ行為の中止など一定の条件付きで パレスチナ国家の樹立を認める、 「中東和平案」を発表しました。 エルサレムの帰属や ヨルダン川西岸のユダヤ人入植地をめぐり イスラエル寄りの内容となっており、 パレスチナはただちに拒否を 表明しましたが、 イスラエルは大統領の提案に基づき、 和平交渉に臨むことに同意しました。 国連のグテレス事務総長は28日、 声明を発表し、 2国家共存の理念は 1967年の第3次中東戦争以前の境界線 に基づくと強調し、 トランプ大統領の中東和平案を 認めないとの立場を示しました。

Category

  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。