ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

日銀 審議委員後任にリフレ派の安達氏

金融緩和の継続をアピールしました。 政府はきのう、日本銀行の審議委員に、丸三証券(まるさんしょうけん)経済調査部長の安達誠司(あだちせいじ)氏を  あてる国会同意人事案を 衆参両院に提示しました。 安達氏は、3月に任期満了を迎える原田泰(はらだゆたか)審議委員と同様、 金融緩和に積極的な「リフレ派」の エコノミストとされており、 審議委員交代後も金融緩和政策が 維持されることになりました。 政府は、リフレ派を引き続き 指名することで、 日銀の政策運営方針が変わらないことを 示す狙いがあるとみられます。 日銀は2%の物価目標を掲げて、 大規模な緩和政策を続けていますが、 目標は達成できていません。

Category

  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。