ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

小林緑氏 NHK経営委員の問題言及

NHKの現状を語りました
11日のニューズ・オプエドに元NHK経営委員で国立(くにたち)音楽大学名誉教授の小林緑(こばやしみどり)さんが出演しました。2001年から2007年まで6年間、NHK経営委員を務めた小林さんは「NHK経営委員会はNHKの意思決定最高機関であるが、会議は1ヶ月に2回だけで、まともな議論は行われず、事実上、理事会の追認機関という印象だった。2007年に番組改編問題における裁判でNHKが控訴した際に、私は経営委員会を通さずに控訴の決定をしたことを批判したが、ほとんどの経営委員はこういった問題に対して知識も関心もないという状況だった。」と述べました。最近のNHKの問題点として「ゴールデンタイムのニュースがあまりにも酷い。日々の生活に直接関わる政治の問題はほとんど扱わず、差し障りのないニュースばかり取り上げている。例外的に良い番組が放送されるがほとんど深夜の時間帯だ。番組編成における人事から根本的に見直さなければいけないのではないか」と語りました。

(AIニューズ®編集部)


Category

  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。