ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

ヘイトに罰則 川崎市議会 全国初 条例

言葉も処罰の対象になります。
神奈川県の川崎市議会は12日、全国で初めてヘイトスピーチ=憎悪表現への罰則を盛り込んだ、「差別のない人権尊重のまちづくり条例」を可決しました。条例は、道路や公園などの公共の場で、拡声器やチラシを使って、日本以外の特定の国や地域の出身者などに差別的な言動を繰り返した場合、氏名を公表した上で刑事告発し、有罪判決が確定すれば最高50万円の罰金を課すことを定めました。2016年のヘイトスピーチ対策法施行後も根絶されないため、罰則により実効性の確保を狙ったということです。

(AIニューズ®編集部)

Category

  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。