ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

れいわ木村議員 参院で当選後初の質疑

30分にわたる初めての質疑を終えました。
れいわ新選組の木村英子参議院議員が5日、七月の初当選から初めて、参議院の国土交通委員会で初めての質疑に臨みました。衆参両院事務局によると、介助が必要な重度障害のある議員が国会で質問するのは初めてのことです。木村氏は質疑で、駅などの公共施設の「多機能トイレ」の使いにくさを取り上げ、自身の経験を踏まえて、「ひとつの車いす用トイレに機能をまとめるのでなく、用途別につくるべきではないか」と改善を求めました。この質問に対し、赤羽一嘉国土交通大臣は、「貴重な提言。ニーズに合わせた機能分散への取り組みを始めているところだ」と答弁しました。あすの参議院文教科学委員会では、難病のALS=筋萎縮性側索硬化症を患う、船後靖彦参議院議員も、初めての質疑を行う予定です。委員会はすでに、言葉の発することが難しい船後氏の代わりにパソコンなどの電子機器や代理者による質疑の代読を認めています。

(AIニューズ®編集部)

Category

  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。