ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

安倍首相インフラ老朽化対策「万全期す」

インフラの高齢化も急速に進んでいます。
安倍晋三総理大臣は、16日の参議院予算委員会で、台風19号の被害を絡んで、インフラ老朽化対策に全力で取り組む考えを示しました。公明党の平木大作参議院議員が、台風で山梨県内の橋が壊れたことなどを引き合いに「老朽化対策は待ったなしだ」などと指摘したのに対し、安倍総理大臣は「喫緊の課題ともいえるインフラ老朽化対策に、引き続き様々な財源を検討し、万全を期していきたい」と述べました。また、「インフラの老朽化で事故が起きれば、人命はもちろんだが、経済に大きな打撃がある」と指摘し、更新が重要との考えを強調しました。

(AIニューズ®編集部)

Category

  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。