ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

小泉環境大臣 就任後初福島第1原発視察

就任後3回目の福島訪問です。
小泉進次郎環境大臣は2日、東京電力福島第1原子力発電所などを就任後初めて視察しました。小泉大臣は、原発の構内に保管されている処理水について、風評被害を懸念する漁業者らの立場に理解を示した上で「解決しなければ福島の復興はない。福島の現場の皆さんのことも忘れずに、1つ1つ課題を解決していきたい」と述べました。ただ、具体策には触れませんでした。処理水をめぐっては、前任の原田義昭環境大臣が、海洋への放出に言及し、小泉氏が、「傷ついた県民に大変申し訳ない」と陳謝しています。

(AIニューズ®編集部)

Category

  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。