ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

小酒部さん マタハラの本質的問題を語る

マタニティ・ハラスメントの現在を語りました。
6日のニューズ・オプエドに株式会社 ナチュラル・ライツ代表取締役社長で、NPO法人マタハラNet創設者の小酒部さやかさんが出演しました。小酒部さんは「マタニティ・ハラスメントという言葉が一般に使われるようになる前は「妊娠解雇」や「育休切り」など場面によって別々の言葉が使われていた。マタハラという言葉が使われ、概念が一般化することで初めて被害者層が繋がり、より大きな社会問題として捉えられるようになった」と述べました。また、マタニティ・ハラスメントにおける問題の本質について「マタハラは人権問題ではなく、経営問題であり経済問題だ。企業や組織の問題でもある。これを解決するためには、産休、育休を取る社員だけではなく、すべての社員の労働環境を見直すことが大切だ」と語りました。

(AIニューズ®)

Category

  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。