ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

泉佐野市のふるさと納税除外 再検討勧告

総務省が想定外の敗北です。
大阪府泉佐野市が、ふるさと納税の新制度から除外されたことについて、総務省の第三者機関「国地方係争処理委員会」は2日、石田真敏総務大臣に、除外を再検討するよう求めました。ふるさと納税は今年6月から、返礼品の金額を寄付額の3割以下に制限する新しい制度に変わりましたが、泉佐野市は、それまでの高額な返礼品を理由に、ふるさと納税の対象から外されていました。泉佐野市は、法律改正前の実績を基準にしているとして、除外の無効を訴えていました。今回の争いは、法律の改正前、総務省が、豪華な返礼品をやめるよう自治体に出した通知を、泉佐野市が無視し、多額の寄付を集め続けたことが背景にあります。今回の勧告で、地方分権のあり方が改めて議論を呼びそうです。

(AIニューズ®)

Category

  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。