ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

小坂和輝氏 病児保育室と健康教育を語る

自身の取り組みと健康教育を語りました
15日のニューズ・オプエドに小坂こども元気クリニック・病児保育室 院長の小坂和輝さんが出演しました。小坂さんは、自身が経営するクリニックの病児保育室について「保育園では体温が37.5度以上になると子供を預かってくれない。我々が預かることができれば親御さんのストレスもなくなるのではないかと思い、これを始めた。乳幼児や知的障がいのあるお子さんも分け隔てなくお預かりしている」と述べました。また、子供の健康教育については「障がいのある子供を含めたすべての子供たちを、大人や高齢者と一緒にケアできる場を作ることが重要になる。これは少子高齢化が進む社会に対する解決の糸口にもなるだろう」と語りました。

(AIニューズ®)

Category

  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。