ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

NHK受信料 政府答弁に立花孝志氏反発

受信料は義務との政府判断です。
政府は15日の閣議で、「NHKと受信契約を締結した者は、NHKに対し、受信契約に基づく受信料を支払う義務がある」とする答弁書を決定しました。「NHKから国民を守る党」の立花孝志代表が、「NHKと契約はするが、受信料は払わない」 と主張していることに関し、立憲民主党の中谷一馬衆議院議員が質問主意書を出していました。立花代表は「受信契約をしないのは法律違反だが、受信料の不払いは違法行為ではない」と主張しています。また、答弁書は、立花代表が唱える、受信料を支払った人だけが番組を視聴できるスクランブル放送については「公共放送としての社会的使命を果たすことが困難になる」と否定的な見解を示しました。

(AIニューズ®)

Category

  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。