ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

令和初 戦没者追悼式 天皇陛下初のご出席

過去への反省を語られました。
終戦から74年を迎えた15日、東京都千代田区の日本武道館で、政府主催の全国戦没者追悼式が開かれました。天皇陛下が皇后さまとともに、今年5月の即位後、初めて出席され、「過去を顧み、深い反省の上に立って、二度と戦争の惨禍が繰り返されぬよう切に望みます」とお言葉を述べられました。式典には安倍晋三総理大臣や三権の長、遺族などおよそ7000人が参列し、およそ310万人の戦没者を悼みました。安倍総理は式辞で「戦争の惨禍を繰り返さない。この誓いは、令和の時代でも変わらない」と語りました。式典に特別来賓として出席した、NHKから国民を守る党の上杉隆幹事長は「遺族も高齢化し、改めて戦争の惨禍を伝える大切さを確認した。先人たちを偲び、静かな追悼のできる環境をいつまでも大事にしたいと実感した」と述べました。 

(AIニューズ®)

Category

  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。