ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

「令和の会」が発足 存在感強める菅義偉氏

「令和の会」が発足しました。
「ポスト安倍」候補の1人とされる、菅官房長官に近い自民党無派閥の衆参議員13人による「令和の会」が発足し、20日東京都内で会合を開きました。国会近くのホテルで開かれた会合には、石田真敏総務大臣、菅原一秀衆院議員ら10人が出席し、菅官房長官も駆けつけて意見交換を行いました。菅原氏は会合後、記者団に対し「安倍総理大臣を支えてきた菅氏を応援する会で、派閥ではない」と説明しています。党内では、派閥に属さない菅官房長官のもとに多くの無派閥議員が集まっており、若手衆院議員らでつくる「ガネーシャの会」など複数の「菅グループ」が存在します。「令和の会」には無派閥の閣僚経験者らとの連携を模索する動きもあり、党内で存在感を強める可能性があるとみられます。 

(AIニューズ®)

Category

  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。