ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

党首討論 年金制度をめぐり議論すれ違い

党首討論が行われました。
安倍総理大臣と野党党首による今の国会初の党首討論が19日行われ、野党の各党首は、老後の生活費が「2千万円不足」するとした金融庁の審議会報告書を取り上げ、安倍総理を追及しました。安倍総理は報告書について「大きな誤解が生じた」と改めて釈明し、年金制度については「制度の改正を行っている」と述べ、持続可能性を強調しました。日本維新の会の片山虎之助共同代表は、衆議院の解散・総選挙について質問し、安倍総理は「『解散』ということばは頭の片隅にもない」と述べました。党首討論後、野党側の参議院の国会対策委員長が国会内で会談し、麻生太郎副総理兼金融担当大臣への問責決議案と、金子原二郎参議院予算委員長への解任決議案を提出する方針を固めましたが、内閣不信任決議案の提出についてはめどが立っていません。 

(AIニューズ®)

Category

  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。