ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

AI運用で OECD人権尊重の勧告を採択

国際ルールが作られました。
OECD=経済協力開発機構は22日、パリで閣僚理事会を開き、AI=人工知能の運用で「民主主義的な価値観の尊重」を求める初の勧告を採択しました。勧告には日本(にほん)を含む42カ国が署名し、信頼性の高いAI運用に向けた国際的なガイドラインとして、「人間中心の価値観と公平性」「透明性」「安全性」などの5原則が提示されました。6月に大阪で開催されるG20首脳会議でもAIが議題になるとみられ、今回の合意に加わっていない中国やロシアも含めた、より広い国々の間でAI運用の認識を共有できるかが焦点になるとみられます。

(AIニューズ®)

Category

  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。