ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

西川恵氏 新たな皇室外交の可能性を語る

令和時代の皇室外交について語りました。
15日のニューズ・オプエドに毎日新聞客員編集委員の西川恵さんが出演しました。西川さんは「皇室外交は日本にとって最大の外交資産である。上皇陛下はこれまで天皇陛下として、ヨーロッパ訪問やアジア諸国への慰霊の旅など、さまざまな国際親善を行ってきたが、たいへん大きな外交上の成果を残している」と語りました。また、5月1日に即位した天皇陛下と新たな皇室外交の可能性については、「外国への留学経験があり、一般の人々の中で普通の暮らしをした経験を持っている。この経験は国民と対等な関係性を持つことができるこれまでにない新しい天皇陛下を生み出した。また、雅子さまは外務省出身である。外交を肌で感じた経験は、皇室外交を行う上でも大変有意義なものとなるだろう」と語りました。

(AIニューズ®)

Category

  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。