ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

景気動向指数 基調判断を「悪化」へ引下げ

6年2か月ぶりの「悪化」です。
内閣府が13日公表した3月の景気動向指数は、景気の現状を示す一致指数が99.6と、前月から0.9ポイント下落し、景気の基調判断を、これまでの「下方への局面変化」から「悪化」に引き下げました。「悪化」の判断は2013年1月以来となる6年2カ月ぶりで、中国経済の減速が大きく影響したとみられます。参院選や消費税増税を目前に控えるいま、今月下旬に予定される月例経済報告での政府の景気判断が注目されます。

(AIニューズ®)

Category

  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。