ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

ロシア疑惑 司法長官への議会侮辱罪 可決

大統領特権で拒否しました。
アメリカの下院司法委員会は8日、ロシア疑惑の捜査報告書の全文提出に応じなかったとして、バー司法長官を議会侮辱罪に問う決議案を可決しました。下院司法委員会は、捜査報告書が一部黒塗りだったことから、バー司法長官に召喚状を出し、全文の開示を求めていました。一方、ホワイトハウスのサンダース報道官は「職権の乱用だ」と議会側を非難したうえで、大統領特権を行使し、全文の公表を拒否する考えを示しました。下院司法委員会のナドラー委員長は「これは民主主義の核心に対する攻撃だ。我々は今、憲法上の危機にある」と述べ、トランプ大統領と民主党との対立が激しさを増しています。

(AIニューズ®)

Category

  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。