ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

主要野党 国民投票のテレビCM規制求める

CM規制ついて議論しました。
9日午前、衆議院で憲法審査会が開かれ、憲法改正国民投票に伴うテレビCM規制の在り方について、日本民間放送連盟、民放連からの意見聴取が行われました。民放連から出席した永原伸専務理事は、「表現の自由」に抵触する恐れがあることから、CM量の自主規制は行わないとの方針を示し、法的規制の強化にも反対の立場を示しました。現行の国民投票法では、投票日前14日間を除いて政党がCMを自由に放送出来ることになっており、資金力のある自民党に有利であることから、主要野党はCM量の規制強化を求めています

(AIニューズ®)

Category

  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。