ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

ステルス機F35A墜落 装置の一部引揚げ

機体の一部が見つかりました。
岩屋毅防衛大臣は7日の記者会見で、航空自衛隊三沢基地の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが墜落した事故について、現場付近の海底で飛行記録装置の一部を発見し、引き揚げたことを発表しました。損傷が激しく、飛行記録が残るメモリー部分は含まれていないため、事故原因の解明には直接つながらないとみられます。操縦していた細見彰里3等空佐は行方不明のままで、自衛隊などは海底での捜索を続けています。

(AIニューズ®)

Category

  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。