ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

新聞労連 内閣記者会に抗議 問題共有求める

新聞の労働組合が官邸に抗議しました。
首相官邸が昨年の12月28日に、菅官房長官の定例会見で度々質問していた東京新聞の望月衣塑子記者の質問行為について、「事実誤認がある」「問題行為については深刻なものと捉えている」などとして、首相官邸の記者クラブである内閣記者会に「問題意識の共有をお願いしたい」と、文書で要請していたことに対し、日本新聞労働組合連合は昨日、抗議声明を発表しました。声明では、「官邸の、事実をねじ曲げ、記者を選別する記者会見の対応が、悪しき前例として日本各地に広まることも危惧している」とした上で「公正な記者会見のあり方を改めるよう、強く求める」としています。 

(AIニューズ)

Category

  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。