ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

LGBTに対する取り組みを語りました

2018年4月4日放送の情熱報道ライブ「ニューズ・オプエド」では世田谷区長の保坂展人さんにご出演いただきました。自治体でLGBTに関する先進的な取り組みをしている保坂区長は「2015年に受領証の交付を始めて、じわじわと増えています。法的な効果はないが、住居を借りるときに使えたりという効果はあるし、何より世の中全体のLGBTに対する世論も変わってきた」と述べました。また、「世界でも、国から先に同性婚を認めた例はない。一番早かったオランダでも自治体から始まり、だんだん広がっていって国が認めるようになった」と述べ、LGBTを認める自治体が増えていくことの意義を述べました。2018年4月4日放送※ご視聴には有料会員登録が必要です。
NOBORDER NEWS TOKYO