ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

欧州放射能汚染の真実(上杉隆)

先月のドイツ巡回講演旅行の際に入手したデータの一部。

チェルノブイリ事故から約15年目のセシウム汚染データ。

地図が示す通り、南ドイツの汚染により今なお当地の野生イノシシは食用できない。

同様に北イタリアの一部のキノコ類、スコットランドの乳牛もセシウム汚染のために出荷制限(禁止)になっている。

Category

  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。