ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

上杉隆の「ニッポンの問題点」【新潟へ~ジャーナリズム最後の旅 その2】

人生とは不思議なものである。いままたその新潟の地で、再びジャーナリズムの仕事を始めることになるとは……。 小田部長に、取材が行き詰っていることを話すと「新潟日報の情報を出すわけにはいかないが、人間を紹介してやる」と言われ、 越後交通幹部や元秘書、さらには『新潟日報』の現場の若い記者たちまでも紹介してくれた(その中には現在の新潟日報社長の 佐藤明氏もいた)。彼らとは、ライバル関係にあるはずだったが、貴重なヒントをいくつも教えてくれたものだった。
  • 会員登録
  • にいがた経済新聞