ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

上杉隆の「ニッポンの問題点」【名誉棄損】3年前の社会的迫害に法的措置~時効直前に国会議員らを提訴した

〈新手の恐れが生じてきた。すなわち新聞(SNS)が何を書き立てるかもしれないという恐れだ。これは中世の魔女狩りに結び ついている恐怖に劣らず恐ろしいものである。新聞(SNS)がだれかを、もしかすると全然無害な人間をスケイプゴートにして やろうと決めれば、結果は非常に恐ろしいものになりかねない〉(バートランド・ラッセル) 争いは嫌いである。自ら起こしたことはない。テレビでも、SNSでも、仕事でも、自分から最初に他人に絡んだことはない。決 まって勝手に絡まれて、それに反論しているにすぎない。 なぜ絡まれるからもわかっている。他人の陰口を言わず、直言を心掛けているからだ。ナイーブで、プライドの高い日本人には これが許されないらしい。無自覚なエリートほどその傾向が強い。 私の人生を変えた三年前の「絡み」に対して、きのう、決断を下した。事実のないプライバシーについて誹謗中傷され、メディ アやSNSで拡散され、私と私の会社は多くの仕事と人を奪われた。 驚くべき「怪文書」だった。
  • 会員登録
  • にいがた経済新聞