ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

上杉隆の「ニッポンの問題点」【ウクライナ紛争】ロシアが開戦せざるを得ないオプエド的8つの理由

ウクライナでの「紛争」がはじまろうとしている。欧米や日本の報道を見る限り、絶対的な正義はウクライナにあり、大抵ロシ アは悪の枢軸ということになっている。    果たして、本当にそうなのだろうか?    健全な懐疑主義はジャーナリズムの基本であり、民主主義を成熟させる必須の条件でもある。異論・反論であるオプエドとい う概念は、まさしくこうした際に活用されるべきだろう。ということで、オプエドの観点から「ウクライナ戦争」を分析してみ ようと思う。  いかなる国でも一般人がメディア情報に左右されるのは致し方のないことである。とくに、リテラシーの低い、メディア教育 を受けていない日本人は、より一層、偏狭な考えに陥りがちだ。
  • 会員登録
  • にいがた経済新聞