ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

【読むオプエド】「生活者の視点から見る経済対策」

10日の「ニューズ・オプエド(R)」では経済ジャーナリストの荻原博子(お ぎわら・ひろこ)さんをお迎えし【特集:生活者の視点から見る経済対策】と 題してお話を伺いました。 政府は、新型コロナウイルスの影響で収入が減少した人が、生活費を借りるこ とができる「総合支援資金」について、最大200万円とすることを決めました。 荻原さんは、緊縮財政傾向のドイツが国民救済のため、日本政府の対策の不十 分さを批判しました。
  • 会員登録
  • メールマガジン購読