ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

【読むオプエド】「議事堂乱入が世界に残すもの」

14日の「ニューズ・オプエド(R)」は、東洋大学准教授 武・アーサー・ ソーントンさんをお迎えし【特集:議事堂乱入が世界に残すもの】と題し、お 話を伺いました。 1月6日に起きた、連邦議会議事堂乱入事件のような騒乱は、ソーントンさんに よると、トランプ氏が大統領に就任した4年前から予想できたはずのことでし た。それは、アメリカの民主主義に「ひび」が入っているためだそうです。具 体的には、メディアの細分化と世論の分断、白人の少数派への転落、白人労働 者階級の困窮とエリート階級への怒りなどが起きており、トランプ氏が個人崇 拝と言えるほどの支持を集める背景となっています。
  • 会員登録
  • メールマガジン購読