ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

【読むオプエド】「100年前の東京が動き出す、おもちゃ映画の世界」

19日の「ニューズ・オプエド(R)」は、元大阪芸術大学教授、一般社団法人 京都映画芸術文化研究所、おもちゃ映画ミュージアム代表の太田米男(おお た・よねお)さんをお招きし【特集:100年前の東京が動き出す、おもちゃ映 画の世界】と題し、お話をうかがいました。 おもちゃ映画とは、大正から昭和の初頭の無声映画時代の全盛期に、手回しの 映写機とともに売られた、無声映画のフィルムの断片です。無声映画は、現在 も保存されているのは5%以下しかなく、おもちゃ映画などとして、家庭など に分散されて残されています。
  • 会員登録
  • メールマガジン購読