ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

【読むオプエド】「建築の視点から見る東京五輪の諸問題」

10日の「ニューズ・オプエド(R)」では建築エコノミスト 森山高至(もりや ま・たかし)さんをお招きし【特集:建築の視点から見る東京五輪の諸問題】 と題しお話を伺いました。 現在、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会となる国立競技場は、 立ち入りができない状態となっています。森山さんはオリンピック・パラリン ピック終了後、新しい国立競技場をどう活用するかの問題が積み残されたまま なので、今も余り使われていないのではないかと指摘しました。森山さんは、 ナチスが計画した巨大建築物からなる保養施設「プローラ」を例に「国が行き 詰まると、国民の精神を高揚させようとして、巨大建築物の建設に走る傾向が ある」と述べました。
  • 会員登録
  • メールマガジン購読