ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

戦争の予感~冷笑主義の時代

 戦争の予感がする。こんなにも不吉な空気に覆われる時代をわたしたちの多くは知らない。 80年前、日本は悪夢のような戦争に向かって歩み始めた。当時の大本営を支えたのは他ならぬメディアである。記者クラブとジャーナリズムが戦争の伴奏者となったのだ。ガダルカナル島での日本軍の全滅を「玉砕」とし、ミッドウェイでの敗戦を「転進」とし、沖縄の占領を「本土決戦」として誤摩化したのが当時のメディアだった。だが、いまのメディアとそれがどう違うのか、わたしには理解できない。
  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。