ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

ダイヤモンドの輝きとその裏側(4)

 まずオッペンハイマーは生産量を調整するための組織・DPA(ダイヤモンド生産者連合)を作り、過剰になりすぎたダイヤモンドの供給を生産現場で抑制することに成功した。 次に、彼は産出したすべてのダイヤモンドを一括して買い取る会社・DTC(ダイヤモンド・トレーディング・カンパニー)を設立した。DTCは買い上げたダイヤモンドのすべてを独自の基準によって分類することで、ダイヤモンドのすべてを独自の基準によって分類することで、ダイヤモンドの希少性を高める役割を果たした。さらにオッペンハイマーは分類したダイヤモンドのすべてを販売する機構・CSO(中央販売機構)を作る。これによってダイヤモンドの値段をCSOが自由に決定するシステムが出来上がり、デビアスの価格統制が成立することになった。
  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。