ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

【読むオプエド】『「アフリカ最後の植民地」西サハラとアラブ情勢』

22日の「ニューズ・オプエド(R)」ではSJJA代表・ジャーナリスト 平田伊 都子(ひらた・いつこ)さんをお招きし【特集:「アフリカ最後の植民地」西 サハラとアラブ情勢】と題してお話を伺いました。西アフリカの大西洋に面し た西サハラは、元はスペインの植民地でした。1976年以降、モロッコとモーリ タリアによる分割統治を経て、全土の5分の4にあたる海外沿いの土地をモロッ コが実効支配しています。
  • 会員登録
  • メールマガジン購読