ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

ダイヤモンドの輝きとその裏側(1)

今回のメルマガは2004年から上杉隆が取材を行なっていたダイヤモンドに関する記事です。文藝春秋2005年1月号に掲載された「ダイヤモンド神話の幻」をご紹介します。クリスマスシーズンを迎えて、東京・銀座の街角は美しい光に彩られている。ミレニアムを迎えた西暦2000年頃から、銀座の中央通り周辺では、高級ブランド店の出店が相次いだ。ハリー・ウィンリストン、ティファニー、カルティエ、ブルガリ・・・・。店内のショーケースには、輝く無色の小さな石がひしめいている。ラウンド・ブリリアント・カットと呼ばれる58面体から放たれる光は、多くの買い物客、なかんずく女性たちの視線と心をひきつける。2003年9月、その一角、銀座松屋デパートの1階入口に登場した新たなブランド店は、業界の注目を集めた。その理由はただ1つ。南アフリカなどに鉱山を所有し、全世界の宝飾用ダイヤモンド原石のほぼ半分を供給するデビアス・グループが、初めてそのブランドネームをつけた小売り店舗を展開したからである。
  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。