ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

【読むオプエド】「外交における憲法のあり方」

29日の「ニューズ・オプエド(R)」では参議院議員の松川るいさんにお話を 伺いました。 松川さんは「私は大阪選挙区選出の参議院議員だが、その前は外務省で外務官 僚として働いていた。外務省での最後のポストは女性参画推進室長で、そこで 世界の女性をエンパワーすることを目的に働いていた。そしてこのつながりで 女性活躍をイメージできる候補を探していた自民党から出馬を依頼された。民 主党時代の外交安全保障に失望していたこともあり、政治家としての立場から 外交、安全保障に貢献することができるのではないかと思い、この依頼を受け 政治家となった。直近で取り組んでいる取り組みは、男性の育休義務化だ。男 性の新入社員の8割が育休を取りたいと思っていても実際に育休を取るのは6 %という現状がある。育休法を改正し育休取得を義務化することを目指してい る」と述べました。
  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。