ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

【読むオプエド】 『「桜を見る会」問題を弁護士が見る』

27日の「ニューズ・オプエド(R)」では郷原総合コンプライアンス法律事務 所代表弁護士の郷原信郎さんをお招きし、お話を伺いました。 郷原さんは「桜を見る会」問題について「この問題を大した問題ではないと思 っている人が多かったのではないか。私も最初はその程度の認識しかなかった。 私も2013年と14年に桜を見る会に招待され出席した。その時には食べ物も飲み 物もほとんどなく、とても質素なイベントだった。ところが安倍後援会の人た ちは時間より随分早く到着し、飲み物も食べ物もたくさんあり、お土産ももら って帰っている。功労功績者は冷遇し、なぜ安倍後援会の方々だけ厚遇するの か、ということをツイッターでつぶやいたところ、郷原さんには法律的な話を してほしいと言われ確かにそうだと思い、それからこの問題について真剣に考 え始めた。
  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。