ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

【読むオプエド】「令和に聴く! 戦前レコードの世界」

7日の「ニューズ・オプエド(R)」では戦前レコード文化研究家の保利透さん をお招きし、お話を伺いました。 保利さんはご自身の仕事について「私が専門で扱っているのは、明治時代から 昭和30年頃まであったSPレコードだ。SPレコードは戦後主流となったLPレコー ドと違い、回転数は78回転で、直径25cmのレコード一面で一曲3分程度しか収 録することができない。わたしは「ぐらもくらぶ」というレーベルを主催し、 こういったSPレコードの楽曲をCDに収録して販売する仕事を行なっている」と 述べました。
  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。