ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

【読むオプエド】「ヴェネチア・ビエンナーレと現代アート市場」

8日の「ニューズ・オプエド(R)」では東洋大学准教授の武・アーサー・ソー ントンさんをお招きし、お話を伺いました。 ソーントンさんはヴェネチア・ビエンナーレについて「1895年からヴェネチア で開催されている世界最大のアートフェスティバルだ。2年ごとに開催され5月 から11月まで続く。アート界のオリンピックとも言えるイベントで、会場には 各国のパビリオンが建ち並び、最先端の芸術家やこれから期待される芸術家の 作品が展示される。日本は1897年の第2回ビエンナーレから参加している。世 界中から観光客を集め、ヴェネチアの街おこしにも一役買っている」と述べま した。
  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。