ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

【読むオプエド】「夏の高校野球と野球界の問題」

2日の「ニューズ・オプエド(R)」では作家・スポーツライターの小林信也さ んをお招きし、お話を伺いました。 小林さんは「今年の夏は高校野球を見ないつもりでいたが、見ないでいるのも どうかと思い、準決勝を見に甲子園まで行ってきた。実際に甲子園を訪れて、 高野連が暑い夏に甲子園で大会を行うことにたいへんに執着しているというこ とを、あらためて思い知らされた。ベンチの中でもベンチ裏でも、選手に対す るサポートは至れり尽くせりで、スタンドの応援団にもミスト発生機が提供さ れていた。できることはなんでもやろうという高野連の意識が随所に現れてい た。その甲斐もあり、今年の暑さは去年よりも厳しかったにも関わらず、熱中 症的で体調を崩す生徒は去年に比べて半分に減ったということだった」と述べ ました。
  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。