ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

『 石原都政が目指していたカジノ構想2 』 

カジノ構想はただ単にギャンブル施設を造るといったいわば「大きなパチンコ 店」を造るような話とはまったく異なる。とかく日本だと暴力団が関与してい る賭博施設のようなイメージがあるが、いまや世界のカジノは変わった。シン ガボールのマリーナベイ・サンズのように政府によって厳重に管理され、全体 をリゾートとして発展される新しいモデルが主流となっている。統合型リゾー トというのは、高級ホテルやショッピングモール、ゴルフ場やスポーツ施設に 代表されるような巨大な「まち」の一部にカジノが併設されるといった形を取 る(実際、日本のIR議連の報告書でも、カジノ施設は全体の3%以内と決められ ている)。つまり、世界中から金持ちが遊びに来るような、富裕層向けビジネ スということだ。実際に、他国でも同様だが、カジノは外資獲得のための外国 人向けの施設になる予定だ。
  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。