ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

【読むオプエド】「日韓関係をめぐる外交の今後と憲法9条」

29日の「ニューズ・オプエド(R)」では東京外国語大学 大学院総合国際学研 究院教授の篠田英朗さんと弁護士の倉持麟太郎さんをお招きし、日本外交と国 土防衛についてお話を伺いました。 篠田さんは韓国での徴用工の損害賠償請求の問題に対して「韓国の最高裁にあ たる大法院が韓国の国内法と歴史認識を基盤にして、植民地主義の結果起こっ たことは請求権協定の枠外だという判断をした。歴史認識と合体した国内法が、 国際法との間にずれを生じさせている状況だ。国際法を守ることと国内法を優 先することはどこまで行っても交わらない。落とし所のない状況となってしま っている」と述べました。
  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。