ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

(再送)【読むオプエド】「オリンピックにおける国旗と国家」

9日の「ニューズ・オプエド(R)」では公益財団法人東京オリンピック・パ ラリンピック競技大会組織委員会国際局アドバイザー・世界の国旗・国歌研究 協会共同代表の吹浦忠正さんをお招きし、お話を伺いました。 吹浦さんはオリンピック旗について「現在の五輪のオリンピック旗は1914年の 1月に近代オリンピックの創始者であるクーベルタンが決めたのが始まりだが、 しかしその年の6月にはサラエボ事件が起こり、第1次世界大戦が始まった。 実際に使われたのは1920年のアントワープが最初だ」と述べました。
  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。