ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

【読むオプエド】「フリーランス国際協力師が続ける「本当の」国際支援」

29日の「ニューズ・オプエド(R)」ではフリーランス国際協力師の原貫太さ んをお招きし、フリーランス国際協力師が続ける「本当の」国際支援について お話を伺いました。 現在アフリカ、ウガンダをメインに国際協力活動を行なっている原さんは、ア フリカでの活動を始めたきっかけについて「初めてウガンダに行った時は、児 童労働、特に子供兵士の問題に関心を持ち、ウガンダ北部のウグルに子供兵の 支援を行なっているNGOを訪ねた。そこで反政府組織に誘拐され12歳から26歳 まで14年間、少女兵として拘束されていた女性から話を聞いた。その壮絶な内 容にショックを受け、あらためてウガンダ、またアフリカの問題を解決したい と思い、そこからアフリカでの活動を始めた」と述べました。
  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。