ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

【読むオプエド】「令和を迎えて高まる憲法改正の機運」

14日の「ニューズ・オプエド(R)」では詩人のアーサー・ビナードさんをお招きし、憲法改正について語りました。アーサーさんは、令和を迎えて改憲の機運が高まっている日本の現状について、「元号は時代を区切る日本独特の文化ではあるが、新しい時代がきたわけではない。令和によって新しい時代を迎える雰囲気が作られていくなかで、日本国憲法は古いものとして扱われつつある。10連休も話題作りとしてはちょうどよく、元号の変更をある種のキャンペーンとして世論を盛り上げることに利用し、改憲の空気を作る。こういう気分に踊らされた状態のままでは、日本国民は一番大切なものを失ってしまうのではないか。」と意見を述べました。
  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。