ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

赤、白、それともモルヒネ?(3)

 到着したシャルル・ド・ゴール空港には、前日に大雪を降らせた雲が垂れ込め、肌を刺す冷たい風が吹いていた。ついに私はアフリカ大陸からただの一度も関節を曲げることなく地中海を越え、パリまでやって来たのだ。救急車が着いたアメリカンホスピタルはパリ17区に接した高級住宅街の真ん中に位置する。丘の上にある白亜の建物は4階建てで、私は3階の個室に運ばれた。軽い検査の後、私の身体にはたくさんのチューブが付けられた。大仰な緑色の機器から延びたそのうちの1本は、途中で二股に分かれ、それぞれ針の先端が、私の腹と背中に刺さっていた。女性看護師のマガリが英語で説明する。
  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。