ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

まとめサイトとバイラルメディアの問題点2

まとめサイトが敗訴しました。まとめサイト「保守速報」に記載された差別的な内容によって名誉毀損や業務妨害などを受けたとしてフリーライターの李信恵さんが2200万円の損害賠償を求めていた裁判で、最高裁第三小法廷は12日付けで、保守速報の上告を棄却し、200万円の支払いを命じる判決が確定しました。保守速報側は「ネット上にあるものをまとめていただけだ」と主張していましたが、大阪高裁ではまとめサイト自体を「独立した別個の表現行為」と指摘し、管理人の責任を認めました。(情熱報道ライブ「ニューズ・オプエド」「AIニューズヘッドライン」 12月13日放送より)
  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。