ノーボーダー・ニューズ/記事サムネイル

「政治の怠慢」日本だけ変わらぬ地位協定

なんで日本だけは地位協定が変わらないかといったら簡単です「政治の怠慢」。なぜかというと負けた敗戦国のドイツもイタリアもこの何十年間、政治家リーダーたちが、繰り返し繰り返しアメリカと交渉して、最初は3カ国ほぼ一緒の地位協定だったんですよ、それを繰り返し繰り返し交渉して交渉の末にここまでもってきたんです。(※1)日本は何もやってないじゃないですか、努力してない。地位協定もそうだけど同じように言えることが「ラプコン」(ラプコンとは「レーダー・アプローチ・コントロール」の訳。レーダーによる航空機の進入管制のこと)。まあ沖縄、沖縄と言ってますけど、那覇(嘉手納ラプコン)はだいぶ返ってきた。横田のラプコンはやっと、返ってきた。そしてこれは返ってくる時も政治の怠慢と言ってますけど、政治の怠慢をおこなわないで、ずっと言い続けてた人っていうのは今度ね、評価されないんですよ。なにかと言うと「波(電波)」、これアメリカの占領下にあります、なかなか分からないですけど空域です。「記者クラブ」もそうですね。
  • 会員登録
  • メールマガジン購読

*動画視聴には有料会員登録が必要です。